ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ガーベラ

ページID:0056457 印刷ページ表示

赤いガーベラの画像


ガーベラはキク科の多年草で、品種によって、高さ20〜50cmほどのものがあり、まっすぐに伸びた花茎から5~10cm程度の花を咲かせます。切り花として活用できる大輪のものから、「ミニガーベラ」の別称で販売されている3cmほどの改良種まで多彩な品種があります。芯の周りにびっしりと花びらが生えているものが多く、花びらの形状もさまざまで、極度に短いものから細長く湾曲しているものまで色々あります。細長く針のような咲き方をしているものはスパイダー咲きと呼ばれ、凛とした雰囲気が漂います。花は赤、オレンジ、黄色、白、ピンク、紫など豊富な色幅があります。色のバリエーションが豊富なので、ガーベラだけで花束やフラワーアレンジメントにすることも可能です。日当たりの良い環境を好むため、日当たりが悪いと花が咲きません。下関市の他にも、全国各地で栽培されています。
花言葉は「神秘」「光に満ちた」「希望」「前進」
ピンクのガーベラは「崇高な愛」「思いやり」「感謝」
赤いガーベラは「神秘」「燃える神秘の愛」「前向き」「限りなき挑戦」
オレンジのガーベラは「神秘」「冒険心」「我慢強さ」
黄色のガーベラは「究極美」「究極愛」「親しみやすい」「やさしさ」
白のガーベラは「希望」「律儀」「純潔」

 

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?